レイチェルワインのファンデの上手な塗り方のコツを教えます

レイチェルワインのブラシとシャーレ

レイチェルワインのファンデーションの塗り方は、とっても簡単です。ブラシに粉を含ませて、顔に薄く塗ります。これを気にいる厚みになるまで繰り返します。

トライアルセットで試す方は、まずパウダーをシャーレに出して下さい。

カブキブラシにファンデを含ませる

ブラシでグリグリして、毛束全体にファンデがまんべんなく付くようにします。

激しくやると粉が飛ぶので気を付けます。

ノンプレストコンパクトをお使いの方は、メッシュの上から筆をクルクルしてファンデを筆に含ませます。

そして、顔の上に粉を乗せるイメージでポンポンします。そしてすぐ、クルクルと円を描くように肌に塗り込んでいきます。

公式の動画があるので、見てみて下さい。すごく分かりやすくて私も参考にしていました。


レイチェルワイン

よれる理由は2つ!原因と対処法

カブキブラシにファンデを含ませた

パウダーファンデが『よれる』原因は主に2つあります。

・粉を一気につけ過ぎている
・スキンケア後に肌が湿ったままメイクした

写真にあるように、ブラシ全体に薄く万遍なくファンデを付けます。

一部に粉が多くついていると、一気に厚塗り状態になり、粉のつけ過ぎでヨレてしまいます。

あまり少量のファンデしか使わないと、薄いし何度も塗り重ねなければいけなくなるので、ファンデの量を減らすというより、ブラシ全体にまんべんなくムラなく含ませるのを意識します。

また、肌が湿っていると絶対ヨレます。汗をかいたままメイクしてもよれてしまいます。

朝のスキンケアの後に塗る場合は、ティッシュを軽く顔に乗せて、そっとティッシュの上から顔を抑えてください。そうすれば余計な湿りや汗、皮脂が取れてサラサラになります。

サラサラの肌に塗れば、よれずに綺麗にメイクできますよ。

「カバー力がない」は誤解?初心者にありがちな間違い

レイチェルワイントライアルセットの中身

初心者さんにありがちなんですが、決定的に使うファンデの粉の量が足りてないことが多いです。

実は私もそうでした。

『こんなに使ったら使い過ぎだよね…』と思い、ごく少量しか使わなかったんです。そりゃカバー力がないわけです。使う量が少なすぎたんですね。

いつも通りの普通のメイクの時くらいの濃さになるように、しっかりと何度も重ね塗りをしてみて下さい。

「えー!こんなにたくさん使うの?」と思うかもしれませんが、0,5gでもけっこう多く感じるものなんです。目で見るとボリュームがあります。

でも、大丈夫!案外、実際に使っている量は少ないんですよ。目で見たら多い気がしますが…。

レイチェルワインに限らず、ミネラルファンデーションはシミまでは隠せません。薄かったら大丈夫ですが、なかなか完全には隠れないです。

でも、カバー力はちゃんとありますよ。

普通のファンデーションを塗ったくらいの仕上がりになります。透明感というか素肌感はありますが、厚塗りしてないメイクという感じです。

全然メイクしてる感がないなとか、そういう場合は塗る量が少なすぎる場合が多いです。

今までプレストやリキッドを使ってきた方は、「これくらいでいいかな?」という予想の倍くらい使うイメージでやるといいですよ。

毛穴が目立つのは毛穴が閉じていないから

メイクが終わった後、「うわ!毛穴が目立つなぁ」という時があります。

これは、開いた毛穴にファンデーションが入り込んでいるからです。特に夏場など気温が高い時に起こりやすいですね。


対処法としては、冷やして毛穴を閉じるということです。

私の場合、夏場はエアコンを必ずつけてからメイクします。汗は必ず引いてからにしましょう。ティッシュを使って顔の余分な皮脂や汗も取っておきます。

あんまり暑い時は、冷房の風をゆるく顔にだけ当てて、早く汗を引かせる時もあります。

保冷剤を顔に当てて毛穴を引き締めるのもいいですよ。

あとは冷蔵庫で冷やしておいた化粧水やクリームでスキンケアしても、毛穴の引き締めに効果があります。顔もひんやりして気持ちがいいですよ。

こうすれば、毛穴が目立つのもかなり改善することができます。

テカるならアクセントフェースパウダーを塗ってみて

レイチェルワインのアクセントフェースパウダー

皮脂が多くテカりやすい方は、お試しセットでもついてくる【アクセントフェースパウダー】をファンデの後に薄く塗るといいですよ。

アクセントパウダーは余分な皮脂を吸着してくれるので、皮脂による化粧崩れを防いでくれます。

私はキラキラ感が気になったので、アクセントパウダーは皮脂の気になる部分の下地に使ってました(ファンデの前につけても問題ありません)。

上からファンデを塗ることになるので、パール感が抑え気味になって、私の好きなセミマットな仕上がりになりました。

先に塗っても後に塗っても、皮脂を抑えてくれるので大丈夫です。

鼻やTゾーンなど一部だけテカってしまうという場合は、テカる場所にだけ塗るようにするといいですよ。マットにしたい場合は下地として、そうでない場合はファンデの上から塗ります。

公式ではファンデの後に塗ると書いていますが、先に塗っても問題はありません。

若々しく、顔色をパッと明るく見せたい方は、ファンデの後に塗った方がいいですね。この辺はお好みで調節してみて下さい。